So-net無料ブログ作成
検索選択

<ビオトープ>国内最大級 産廃処分場が大変身 北九州(毎日新聞)

 埋め立てから20年以上放置した間に、500種以上の動植物や昆虫が生息するようになった北九州市若松区響町の産業廃棄物処分場跡地が22日、国内最大級のビオトープ「響灘ビオトープ」として仮オープンした。環境省が絶滅危惧(きぐ)種に指定するベッコウトンボなど貴重な動植物、昆虫もおり、市は今後観察道などを整備し、2012年春に正式オープンさせる。

 ビオトープは多様な生物が生息する空間。響灘ビオトープは広さ約48ヘクタールで、国内最大級とされてきた滋賀県長浜市の「早崎内湖ビオトープ」(17ヘクタール)の約3倍。

 市は80〜86年、産廃などを埋め立て、その後長年放置していた。ところがやがて凸凹の地形に湿地帯や淡水池、草原が自然に生まれた。市は2002年ごろ、変化に気付き、産業用地にする計画を見直し、ビオトープとして整備することにした。これまでにチュウヒやコアジサシなど鳥類237種類、植物284種類、トンボやメダカなど24種類を確認している。

 この日は初のエコツアーを開催。長男武君(10)と参加した同市八幡西区の会社員、村口良さん(40)は「産廃処分場だった土地がこれだけの自然に生まれ変わって驚いた。人の手が入っていない自然が楽しめた」と話していた。

 正式オープンまでは毎月1回のエコツアー時だけ開園。入場無料。問い合わせは、市環境モデル都市推進室(093・582・2239)。【佐藤敬一】

【関連ニュース
伊賀の産廃最終処分場:公害調停申請 水質調査の井戸新設を 国が中間案 /三重
中津川の産廃施設建設:住民の会、許可撤回求め署名 3万1516人分、県に /岐阜
県境産廃問題:09年度までに対象の6割撤去 八戸地域対策協に報告 /青森
県境産廃問題:産廃の6割撤去、12年度で完了へ /岩手
中津川の産廃施設建設:市の主張に疑問 再考求める要請書で知事 /岐阜

<皇太子さま>「みどりの愛護」つどいに出席 兵庫・三木(毎日新聞)
小沢氏、再び不起訴 検察と検審、分かれた証拠評価(産経新聞)
<桜前線>ようやく稚内に到達 観測史上最長の73日(毎日新聞)
不同意堕胎 逮捕の医師「ビタミン剤」と交際女性にメール(毎日新聞)
保健師資格の取得は大学? それとも大学院?(医療介護CBニュース)

新荒川大橋緑地に巨大花文字「KITACITY」(産経新聞)

 東京都北区赤羽の新荒川大橋緑地に紅白のシバザクラで「KITACITY」と描かれた長さ約200メートルの花文字が出現した。

 荒川河川敷に季節の彩りを添えようと、区が4月に約3万2000株を植栽。見ごろを迎え、文字が鮮明に浮き上がっている。

 河川敷を訪れた人はもちろん、荒川鉄橋を走るJR京浜東北線東北本線の車窓からも楽しむことができそうだ。

 区は23年度まで整備を続け、最終的に全長約500メートル、幅約40メートルにわたりシバザクラを植栽する計画。

【関連記事】
美人の形容詞「シャクヤク」見ごろ
ミズバショウが見ごろ 長野
富士彩る花のじゅうたん 山梨、シバザクラ見ごろ
白兎海岸のハマナスが見ごろ
黄色や白色のスイセンが見ごろ 大津市の「びわ湖バレイ」

小中生の携帯、閲覧制限3割つけず…「親は信頼」(読売新聞)
女子生徒が中学校で転落 東京・狛江市(産経新聞)
<トカゲ類>2割が絶滅の危機 気温上昇続けば(毎日新聞)
図書館利用者の情報入ったパソコン紛失(産経新聞)
俳優・原田大二郎氏擁立へ=参院山口選挙区−民主(時事通信)

自公、予算委集中審議の開催を要求へ(産経新聞)

 自民党の川崎二郎国対委員長と公明党の漆原良夫国対委員長が10日午前、国会内で会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設や「政治とカネ」、財政再建をテーマにした予算委員会の集中審議の開催を与党に要求することを決めた。午後に川崎氏が民主党の山岡賢次国対委員長と会談する。

 これに先立ち自民党は、大島理森幹事長と川崎氏、鈴木政二参院国対委員長が党本部で会談した。与党が集中審議の開催に応じない場合の対応も協議したが、審議拒否については「まだ会期は1カ月余りある」(党幹部)として時期尚早と判断した。

【関連記事】
普天間移設決着「5月末は変えない」 鳩山首相が強調
「5月末決着」に先送り論、平野更迭論…参院選に向けた思惑も 首相自ら退路絶つ
鳩山由紀夫首相の軽さこそわが国の「最大の脅威」ではないか
心が麻痺しているのでは… メディアは現政権に甘く、問題起きてもすぐ“鎮火”
「辺野古から逃げてまた帰ることはあり得ない」 亀井氏が政府案反対
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

<スズメ>激減? 日比谷公園で全数調査(毎日新聞)
旭山動物園、入園者増へ市長自ら“なにわ作戦”(産経新聞)
「黒澤明記念館」建設を事実上断念(読売新聞)
「大変心配している、しっかり対応すべき」 ギリシャ危機に首相(産経新聞)
参院選「情勢厳しい」=小沢、亀井両氏が会談(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。